髪に良い食べ物☆

大阪・梅田の駅近人気美容院・美容室PRIDEでは、女性スタッフの日々の思いや営業中のリアルをお届けするため、毎日ブログを配信中です。

髪は体の一部です。より健康な髪を育てるための頭皮マッサージやブラッシングが《体の外側からのアプローチ》とするならば、《体の内側からのアプローチ》も同時に同時に考える必要があると私、島は考えます。
さて髪に良い食べ物は何でしょう?

多くの人が『わかめ!』と最初に答えられるのでは?それも大切ですが。。

髪の毛は、その成分の9割がケラチンというタンパク質です。ケラチンは血液に乗って運ばれる栄養分を材料にして作られるため、頭皮の血行を良くする事が重要とされます。

さらに大切なのはバランスの良い栄養補給です。これが不足しては血行が改善しても健康な髪が伸びないのです。

きれいな髪を保ち続ける秘訣は正しい食生活にあり‼︎ これが《体の内側からのアプローチ》なのです。
髪の毛の成長に欠かせない栄養素を毎日の食事に積極的に取り入れましょう。

*ミネラル、ビタミン*

〜果物、昆布、わかめ、ひじき、玄米 など〜
ミネラルが不足すると抜け毛などの原因となります。新陳代謝を高めてくれるビタミン類は健康な髪を作る手助けをしてくれる栄養素の1つです。髪の発育を促すので積極的に取りましょう。

*鉄分*

〜ほうれん草、いんげん、ブロッコリー、ナッツ類、ドライフルーツ など〜
頭皮へ栄養素を運んでくれる血液は、髪の毛を作る上でとても重要です。

最近は鉄分不足の女性が増えているので、普段から鉄分を多く含む緑黄色野菜やドライフルーツを意識して取ると良いです。

*タンパク質*

〜納豆、鶏肉、卵、魚、豆 など〜
髪の毛の主成分はタンパク質です。特に植物性タンパク質である大豆類は栄養バランスに優れています。体内への吸収が早く悪玉コレステロールにもなりにくいのでオススメ。卵や魚、お肉などの動物性タンパク質も合わせてバランスよく摂取することが良いとされています。

タンパク質が不足すると抜け毛や細毛などを招く原因に。

髪に良いのは、異なる特徴のさまざまな食材を適量ずつ、バランスよく食べるのが理想的な食生活ですね♪