ヨシダナギ 写真展!

大阪・梅田の駅近人気美容院・美容室PRIDEでは、女性スタッフの日々の思いや営業中のリアルをお届けするため、毎日ブログを配信中です。
5月23日から28日まで、阪急梅田の9階の催事コーナーで、「ヨシダナギ -HEROES- 写真展」が開催されていましたので最終日に滑り込みセーフ!
幼いころから強い憧れがあったというアフリカをはじめ、南米などへ単身で渡り、少数民族と寝食を共にしながら撮影を行うというヨシダナギさんは、人気の女性写真家です。

  私はテレビ番組「クレイジージャーニー」で少数民族の生活になんの躊躇もなく飛び込む逞しい姿を見て衝撃を受けました。
色彩豊かな原住民族の写真が直近で見れるチャンス♪

全部で13民族の写真が展示されていて、写真点数は50点以上あります。

これが入場無料、しかも撮影OK!
ヨシダナギさんが行った場所が地図で紹介されていました。

   
少数民族ごとに分けてヨシダさん目線の解説《ヨシダメモ》付き、これが面白くて見やすい展示でした。

こちらは世界一有名なマサイ族。

素敵な写真がたくさんある中で特に印象深かった作品をいくつかご紹介します♪
スリ族

草花を身にまとい個性的なボディペイントを施した姿でファッションモデル顔負けのポージング!

  

フリ族

通称“ウイッグマン”と呼ばれる彼らは大きな帽子のようなカツラをかぶり極楽鳥をモチーフにしたメイク。自身の毛髪で作ったカツラは大きいほど良いとされている。  

アファール族

日本で侍を探すくらい出会うのが難しい?部族のよう。

牛脂で白くしたアフロヘアがかれらの伝統的スタイル。こちらもイケメン集団かも。

  

さいごにもうひとつ、最強インパクトの写真がコチラ。
オモマサライ族

通称“スケルトンマン”リアルショッカーのような出で立ちに奇声までそっくりという。

あのキャラクターのモデルとなっている? 

 ヨシダナギさんの世界観に圧倒されました。
自分では到底行けない地域や、出会うことの出来ない少数民族。

知らない世界をたくさん見せてもらえました。
ヨシダナギさんのプロフィールも少数民族と同じようにマネージャー目線で紹介されていました。
行けてよかった♪

島でした。