一度行って見たかった所。

大阪・梅田の駅近人気美容院・美容室PRIDEでは、女性スタッフの日々の思いやりや営業中のリアルをお届けするため、毎日ブログを配信中です。

パリ第3弾!

ヴェルサイユ宮殿です!

今回の旅行で1番行きたかった場所。

そう。ヴェルサイユ宮殿です。

パリから行くには30~40分かかります。

今回はツアーに参加して行ったのでバスで40分位かけて行きました。

ツアーに参加して本当に正解だったと思うのは入り口の前に9時過ぎで1000人位はいたと思います。

チケットを求めるのではなく、入場する際の荷物検査に時間がかがっているとの事。

私達はそんな時人々を横目に予約済みレーンからすっと入る事が出来ました。

王室の礼拝堂、マリーアントワネットが結婚式を挙げた場所です。

ヴィーナスの間

1668年に完成したバロック調の部屋。

太陽王とも呼ばれたルイ17世をたたえ、太陽をモチーフにした装飾に彩られる。

ディアーヌの間

ルイ14世が夜会などで自慢の腕を披露すべく、ビリヤード場としていた部屋。

室内にはルイ14世の胸像が飾られている。

そして鏡の回廊!

庭園を望む回廊。

357枚もの鏡が窓と対になるようにアーチ形にデザインされ、回廊内を輝かせている。

ルイ14世の2功績を称える天井画とシャンデリアも圧巻です。

残念ながらルイ15世が愛妾のために建てた館をルイ16世が即位後マリーアントワネットに贈られた離宮は改装中で見ることができませんでした。

また、足早に見たのでお庭には行きませんでしたがかなり手をかけているお庭を見にまた訪れたいと思いました。

パリに行く前に少しベルサイユのバラを見直していたのでそれも関連付けできて楽しく見ることができました。

外観で見える金は本物の金が使われていてとても神々しい感じでした。

また、何処かしらをいつも改装しているらしいのですが、工事中の所もきちんと絵が書いてあり、世界感を壊さない演出もされていました。

チケットもこんな感じで素敵な写真でした。

1700年代に建てられたものが今もこうして綺麗なままで保存できているなんて本当に驚きです。

後世に伝えるということは簡単ではないと思うのですが素晴らしいですよね。

他にもたくさんの豪華なお部屋がいっぱいでした。

ショップにはラデュレが入って素敵な小物もたくさん売っていました。

なんてセンスの良いこと。

本当に圧倒されてここは何処?と思うくらいタイムスリップをしてきました。

大満足大感激!

後藤でした。