念願のピサの斜塔!

大阪・梅田の駅近人気美容院・美容室PRIDEでは、女性スタッフの日々の思いや営業中のリアルをお届けするため、毎日ブログを配信中です。

今回の旅行の楽しみの一つ、ピサの斜塔に登ってきました!

ピサはフィレンツェから列車に乗って約1時間の所にあります。

ドゥオーモ広場に洗礼堂、大聖堂(ドゥオーモ)、斜塔 が並んで写っています。

ピサの斜塔は、イタリアのピサ市にあるピサ大聖堂の鐘楼なんです。鐘楼(しょうろう)とは、寺院内にあって時を告げる施設。
高さは地上55.86m、階段は296段あります。

なぜ傾いているかというと1173年に着工されたんですが、この土地の地盤が柔らかく10mの高さまで進んだところで少しずつ地盤沈下が起こり、南側に傾き始めたらしいです。
結局、工事中も傾きを修正することが出来ずにそのまま完成したようです。

斜塔内の階段は非常に狭く混雑するため、1度に登れる人数が制限されています。(1回に40人登れます)斜塔の入場は、日本で予約しました。

塔に登るときはカメラ以外の手荷物はロッカーに預けて登ります。

入ってすぐに上を見上げてみました。
内部はこんな感じで空洞になっているんですね。

この周りに螺旋状の階段があるんです。

階段は大理石で出来ているので、みんなが歩く所だけすり減って足が持っていかれます。

傾いた階段を上がるので身体は当然傾き、右に行ったり左に行ったり目が回りそう。笑

到着~!涼しい~‼︎ そして空の綺麗なこと♪

大聖堂(ドゥオモ)とその奥に見えるのは洗礼堂。

この大聖堂は十字架の形に建てられているそうです。
広場の建物の白さが、美しく映えています。

ここは鐘楼なので周りに鐘が並んでいます。

斜塔の上からはピサの街並み&遠くの山まで綺麗に見渡せます。

景色を堪能して地上へ。

隣の大聖堂(ドゥオーモ)の素晴らしいファサード。祭壇。そして天井が綺麗。

G.ピサーノ作の説教壇はイタリアンゴシックの代表的作品だそう

もう一度斜塔の写真スポットへ行くと、観光客の多くがいろんなポーズに!

ここは私もお約束!笑

支えてみた。

帰りはぶらぶら歩いてピサ中央駅まで戻ることに。

途中、アルノ川の橋を渡ります。この川、フィレンツェからつながっているんです。
駅までの道はお土産やジェラート屋さんなどが立ち並び、楽しかった~♪

島でした!