AとB

大阪・梅田の駅近人気美容院・美容室PRIDEでは、女性スタッフの日々の思いや営業中のリアルをお届けするため、毎日ブログを配信中です

最近日差しが急に強くなり紫外線が気になり始めましたね。

それもそのはず。

3月から徐々に増えてきて、6月から7月が1番ピークになると言われています。

そこでもう一度おさらいです。

1日の中では9時ごろから増え始め正午が最も強く、15時までかなりの量の紫外線が降り注ぎます。

曇りの日でも晴れた日の6割、雨の日でも2割の紫外線が届いているので今日は日焼け止めはいいや!の日はありません。

UVA

30~50%表皮を通過、真皮まで到達。

生活紫外線と言われる。

日焼け後は黒くなる。

これは元々あるメラニン色素が酸化して一時的に黒くなり、その後メラニン色素が過剰に生成され黒くなるのです。

UVB

表皮で大部分が吸収され真皮までは到達しない。

海水浴、スキーやゴルフなどレジャー紫外線と呼ばれています。

皮膚が赤くなり炎症を起こしてヒリヒリ痛む、日焼けによる火傷状態です。

その後Aはと同じくメラニン色素が過剰に生成され肌が黒くなります。

黒くなってもいいや!

なんて思っている方はいないと思いますが、紫外線にはもっと怖い作用が…。

それは皮膚の真皮の弾力を切ってしまうという事!

例えばベッドのスプリングがありますよね。

そのバネがあるから弾力もあり支えられているのですが、そのバネがバチバチ切られてみてください。

もう役割を果たさず成立しないですよね。

紫外線は真皮のスプリングを全て切ってしまうのと同じたと考えられています。

ガサガサは勿論弾力まで失わせる怖い紫外線。

ぜひ日焼け止めを忘れずに!

今年も活躍しそうですね。

プライドではこれ!

スプレータイプですと頭皮までケアできます。

髪と頭皮と紫外線から守り秋になってボロボロにならないよう今日からケアを始めましょうね!

後藤の報告でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です