髪へのチョコレート効果☆

大阪・梅田の駅近人気美容院・美容室PRIDEでは、女性スタッフの日々の思いや営業中のリアルをお届けするため、毎日ブログを配信中です。

デパートではチョコレートの人気店が集まりたいへん盛り上がっています!

お気に入りのチョコレートは見つかりましたか?

今回はこの時期だからお伝えしたい、美容と健康に嬉しいチョコレートの成分をご紹介します。

「ポリフェノール」

チョコレートの原料でもあるカカオには「ポリフェノール」という女性にはとっても嬉しい成分がたくさん含まれています。

ポリフェノールには、お肌の老化の原因ともいわれている「活性酸素」を、除去してくれる働きがあるのです。カカオの配合率が高いものほど(美容目線なら70%以上)ポリフェノールの効果も期待できますので、チョコを選ぶ際には要チェックです。

またポリフェノールは、髪や頭皮のターンオーバー(新陳代謝)の乱れによって、荒れてしまった肌を治すことにも有用であるということが分かっています。

「血行改善」

ポリフェノールは、血管内の炎症も軽減するので血管が拡張し、血流も改善します。

血流が改善すると髪の成長に必要な栄養素が毛母細胞に行き渡り、発毛・育毛に効果を発揮します。

「ストレス軽減」

ポリフェノールは、血管を収縮させてしまう原因になるストレスをも軽減させる効果があると言われています。

ポリフェノールの他にもカカオには、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、銅などのミネラルが豊富に含まれていて、特に亜鉛は髪の形成に欠かせず、また銅も白髪の予防に効果的と言われています。

「ギャバ」

数年前からよく耳にするようになった「ギャバ」は、人間の脳内にもある神経伝達物質です。リラックス効果が期待できるともいわれているアミノ酸の1つで、いわゆる癒しの成分でもあります。

「テオブロミン」

テオブロミンは集中力や記憶力を高めてくれます。勉強や仕事の合間にチョコを食べるといいといわれているのは、この成分が含まれているからです。

「オレイン酸」

オレイン酸とは不飽和脂肪酸の1つで悪玉コレステロールを下げて善玉コレステロールを上げる働きがあり、動脈硬化や高血圧を予防する成分でもあります。

オリーブオイルやナッツ類に多く含まれており、便秘改善の効果もあるのです。

チョコレートが髪の毛に良いとされる大きな理由は、ポリフェノールにあります。

チョコレートでも特にカカオが70%以上含まれたビターチョコレートがより高い効果を期待できます。チョコレートに含まれるポリフェノールは「カカオマスポリフェノール」とも呼ばれ、体を若く保つ効果があるアミノ酸の結合体を増やす働きがあるのです。

この物質には髪の毛を増やす育毛効果があり、他にも血圧を下げる作用もあります。

さらに、ビターチョコにはメラニンが含まれていますので、白髪予防にもおすすめです。

リラックス効果もあり髪の毛にも良いチョコレート、食べるのであればカカオ含有率の高いビターチョコレートをおすすめします。

そして1日に食べる量は50g以下にすることです。これより多いとカロリーオーバーで逆効果になります。

チョコレートを効果的に摂取して、おいしくヘアケアしましょう。

島でした!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です