ウイーンへ!

大阪・梅田の駅近人気美容院・美容室PRIDEでは、女性スタッフの日々の思いや営業中のリアルをお届けするため、毎日ブログを配信中です。

5日間の夏休みでウイーンに行ってきました!

オーストリアは、ほぼ北海道と同じくらいの大きさで、東西に細長い形をしてます。

首都ウイーンは東の端の方にあります。音楽の都であり、19世紀末の芸術の都としても見所がぎっしりでした!

ウイーン国際空港からシティ・エアポート・トレインというノンストップの私鉄で16分、そこから地下鉄で2駅行くと旧市街の中心、「ウイーンの象徴」と言われる『シュテファン寺院』のある場所に到着します。

天高くそびえる高さ137mの南塔、財政難で途中までしか建設されなかった北塔の方はエレベーターで登ることができます。北塔の上には巨大な鐘が吊るされてあり、屋根瓦で描いた紋章や鮮やかなモザイク模様が眺められます。

向こうはウイーンの森。

この後近くの『モーツアルトハウス・ウイーン』に行きました。

モーツアルトが生涯で最も幸福な期間を過ごしたと言われる1784~1787年まで住んだ家です。最上階からオーディオガイドを聞きながら見学できます。オペラ『フィガロの結婚』が作曲されたのはこちらだそう♪

シュテファン寺院へ戻り反対側に歩くと2つの建物をつなぐ通路に取り付けられた華麗な仕掛け時計があります。

『アンカー時計』は毎正時にウイーンゆかりの歴史的人物の人形(カール大帝、マリア・テレジア、ハイドンなど)が現れ、12時には12体の人形が音楽にのって次々と現れるのです。

その先をさらに歩くとバロック様式の『ペーター教会』があります。平日は15:00から毎日無料のオルガンコンサートが開催されています♪

タイミングよく通ったので中に入ってみました。オルガンの音色が響いて素敵です。

こちらはこじんまりした教会ながら、

天蓋に描かれたフレスコ画「聖母マリアの被昇天」が素晴らしく圧倒されます。

こちらは夜にも弦楽四重奏のコンサートを予約していたので再び訪問。

美しい教会で聴くクラシックは有名な曲が多くて、とても楽しめました♪

島でした!

つづく。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です