ウイーン旅行記part2

大阪・梅田の駅近人気美容院・美容室PRIDEでは、女性スタッフの日々の思いや営業中のリアルをお届けするため、毎日ブログを配信中です。

ウイーンには中欧を支配したハプスブルク帝国の遺産がぎっしりと詰まっています。

こちらはハプスブルク家が13世紀後半から1918年まで約600年以上にわたって住居としてきた王宮(ホーフブルク)。

膨大な数の食器が並ぶ「銀器コレクション」当時の暮らしぶりが見られます。

この燭台の豪華さ!

など、まばゆい食器の数々が続きます。

ハプスブルク家を代表するヒロインといえば、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の皇妃エリザベート(愛称シシィ)。

「シシィ博物館」にはドレスや愛用の小物がたくさん並んでいました。

その美貌を保つ為の「化粧室兼体操室」では6時に起床後長い髪の手入れと身支度に6時間もかけていたそう!

同じ敷地にある「スペイン乗馬学校」

世界で最も古い乗馬学校には古典乗馬に最も適した気高い白馬リピッァーナー種がワルツを踊ります。

シャンデリアの明かりの下で私は、白馬が優雅なステップを練習する朝の調教見学をしました♪

練習風景は撮影禁止なので会場の写真のみ。

まだ慣れていない若い馬が調教師に〈おやつ〉でなだめられながら練習する姿が可愛かったです笑

将来、テレビ中継されるウイーンフィル ニューイヤーコンサートで立派に踊る姿を楽しみにしてます♡

こちらは宮廷付属のアウグスティーナー教会。マリア・テレジアとフランツ1世、マリー・アントワネットとルイ16世(代理人)、そして皇帝フランツ・ヨーゼフとエリザベートも結婚式を挙げた場所。

ブルク公園内のモーツアルトの像。

公園からオペラ座の方へ抜けると行列のできるソーセージスタンド「ビッツィンガー」があります。

屋根の緑色のウサギが目印。

常連のウイーンフィルメンバーや歌手もいるとか。

わたしは人気No. 1の〈ケーゼクライナー〉というチーズ入りソーセージのグリルをオーダーしました。黒パンのスライスが付いてきます。パリッとした食感で美味しかったです♪

他にもホットドッグが人気のようでした。

名画の宝庫とされているのがベルヴェデーレ宮殿上宮です。バロック様式の美しい城館と庭園があります。こちらで世界最大のクリムトのコレクションが堪能できます。(現在日本でもクリムト展が開催されています)

クリムトの代表作と言われる「接吻」をはじめ、シーレ、ココシュカなどが堪能できます。

上宮内から緩やかな斜面の庭園と下宮越しに見えるウイーン市内の眺望は、まさにベルヴェデーレ(美しい眺め)!

ウイーンの楽しみはスイーツも!

ザッハトルテ発祥の店「ザッハー」にも行きました!観光客で一日中列が出来ています。

20分並んでようやく店内へ。

ウイーン風のミルクコーヒー〈メランジェ〉とともに。

ホイップクリームは無糖でクリーミー。アプリコットジャムがサンドされていて美味しいです!が、しっかりと甘さがあるのでコーヒーはブラックでもいいかも笑。

ザッハトルテの2大名店、もう一つは「デーメル」です。こちらも近くにカフェがあるありましたが、こちらは日本の店舗でも楽しめそうですね。

ウイーン旅行記まだ続きま~す!

島でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です