質問です!

大阪・梅田の駅近人気美容院・美容室PRIDEでは、女性スタッフの日々の思いや営業中のリアルをお届けするため、毎日ブログを配信中です

さて質問です!このスタイル何で仕上げていると思いますか?

正解はロールブラシです!

ブローによってできたデザインです

始めてただったのでまだまだですが。

先日久々に興味のある講習を見つけたので行ってきました!それはもちろんブロー講習。

講師は黒柳徹子さんのヘアスタイルを考案された須賀 勇介さんを叔父にもつ高橋 俊輔さん!

私達が美容師になりたての頃はまだまだブロースタイルが全盛で、ウィッグの毛がなくなってしまうぐらい何度も何度も練習した記憶が残っています。

私どもプライドではスタイリングの際はブローをさせて頂きますが、昨今のスタイルや仕上げ方、考え方により、ハンドブローで仕上げする美容室も増えていると聞きます。

確かに、自分ではできないから日々仕上げる時に近い感じで仕上げて欲しい!って言う意見も納得!

ですが、私がまだお客さん側の立場だった頃。

ふわふわする癖が別人のようにつやつやになり、それだけでテンションが上がり、ウキウキして帰ってシャンプーしてなくなる次の日まで特別な日を満喫していました!

カットがいくら良くても、ブローをしてもらえないと、もしくは仕上がりが気に入らないと美容室帰りの満足感が違うよなぁー。

なんて思うのは私だけでしょうか?

講師の方はNYで27年ご活躍された方で、ブローだけで12000円。

有名なお店だったので著名人や、大統領のご息女などを担当されてた方だとか。

アイロンやホットカーラーでセルフでも上手にできるのが普通な時代。

プロとしてブローで作る柔らかさとツヤ、そして画一的でないデザイン。そのをまた担当のお客様にプラスできたなら…。と思いました。

最初は講義を受けるだけの予定だったのですが、急遽実技も受けることにしました!

突然言って準備してくださった、がもう関西の皆様。

ありがとうございます。

下手したらカットと同じくらいかかってしまうブロー。

手ぐしで乾かし、その代わりにもうお一人入客できる方がお店としてはいいかもしれない。

でも、お客様が上手にできるこんな時代だからこそプロにしかできない技術に磨きをかけていきます!

講師の先生の言葉ですが笑!

足立にも教えます!

まだまだ練習中ですが、プロの階段もう一段上がります!

乞うご期待!

後藤でした。


コメントを残す